善福寺の年間行事 MAPのページへ








修正会(しゅしょうえ)とは、仏教寺院において毎年1月に行われる法会。修正月会ともいいます。
この法会は、前年を反省して悪を正し、新年の国家安泰、五穀豊穣などを祈願するもので、期間は基本的に7日間とされていますが、寺院などによって期間は異なるようです。 善福寺では、毎年1日、2日、3日の3日間に渡り開催されます。




薬師の縁日は毎月8日とされています。
1月8日はその年最初の縁日として、「初薬師」と呼ばれているのです。








2月3日は節分の行事を行ないます。
立春の日は季節の変わり目であると共に一年の節目とも考えられていて、この節目の日(立春の前日=節分)に鬼(厄災)を追い払う行事を行ないます。 節分と言えば「福は内」「鬼は外」の掛け声と共にする豆まきですが、吉野では「福は内」「鬼も内」と言います。
此れは、全国で追いやられた鬼を吉野に招き共に供養するという意味だそうです。

星に除災招福を祈る行法。星供(ほしく)星供養会(ほしくようえ)とも言います。

人はこの世に生まれるとき、各々一生変わらぬ星「本命星」のもとに生まれるそうです。
そしてまた、その歳々に廻り会う吉凶の星「当年星」も、生まれ年により定まります。

『星供』は「星供養」とか「星祭り」といい、それぞれの生まれた年により定まる「本命星」、またそれぞれの、本年の巡り星である「当年星」をお祭りし供養することにより、除災招福を祈念する、法要行事でございます。

星供とはこの吉凶を司る星を供養することで、「凶」のかたは、渦を転じて福となす「転禍為福」のお祈りを、また「吉」の方は福をより多くにと「福寿増長」のお祈りをする密教の法によるご祈祷です。

護摩とは⇒こちら

2009年2月3日の星祭の様子はこちらからどうぞ
2010年2月3日の星祭の様子(その1)はこちらからどうぞ
2010年2月3日の星祭の様子(その2)はこちらからどうぞ








彼岸(ひがん)という言葉は、煩悩を脱した悟りの境地のことです。
煩悩や迷いに満ちたこの世をこちら側の岸「此岸」(しがん)と言うのに対して、向う側の岸「彼岸」といいます。

お彼岸は春(春分)と秋(秋分)の2回行なわれます。太陽が真東から昇り、真西に沈むので、西方に沈む太陽を礼拝し、遥か彼方の極楽浄土に思いをはせたのが彼岸の始まりです。








4月8日は、お釈迦様のお誕生日です。 お釈迦様が生まれた時「天にも地にも我一人」と仰(おお)せられたと伝えられますが、お寺では花御堂(はなみどう)をかざり天地を指さした誕生のお姿を安置し、甘茶をかけてお祝いする「花まつり」を行います。

甘茶は竜王が産湯(うぶゆ)として、甘露の雨を降らせたという伝説に因(ちな)む、花まつりに欠かせないものです。飲むだけでなく墨をすって「昔より卯月(うづき)八日は吉日よ神さけ虫を成敗(せいばい)ぞする」と書いて、その紙を逆さにはって虫封じにする風習もあります。


花まつり〜大根煮き〜

この日足を運ん人皆に振舞うことで、除厄招福と健康を祈願します。

2009年4月8日の花祭の様子はこちらからどうぞ








施餓鬼供養とは、文字通り“餓鬼”に飲食を施す法要です。餓鬼とは祭られない精霊の事で、この餓鬼に飲食を施し、法の力と合わせて餓鬼を苦しみから救うことを目的としたのが元々の意味合いだそうです。

自分の沢山の先祖の内、誰かが餓鬼道に落ちて苦しんでいるかもしれません。先祖や無縁佛を供養するのが「餓鬼に施す」と書いてお施餓鬼供養です。 ただ先祖に供養するだけではなく、人は生きる為に、肉や野菜等様々な生命を頂き、命を永らえています。お施餓鬼供養はそういった肉の命、野菜の命、お米の命、全ての命に感謝を込め生きとし生けるもの全への供養でも有ります。

施餓鬼供養は除病延命(ジョビョウエンメイ)の為の法要でもあったそうで、実際にお寺で行う施餓鬼供養もお経の最後に、“回向”(エコウ)といって施餓鬼供養を行った功徳を、私達のご先祖の供養になる様に祈願文を唱えています。

2009年8月8日の施餓鬼法要の様子はこちらからどうぞ




盆の夜は、家に帰ってきていた精霊が再び幽界に帰るというので門口に送り火を焚いて送りだすしきたりがあります。これを精霊送りといいます。 精霊送り火 PM4時より

2009年8月15日の精霊送り火の様子はこちらからどうぞ








3月の春季彼岸法要と同じです。








無縁佛とは供養する親族や縁者のいなくなった死者またはその霊魂のことです。