善福寺の歴史 ご本尊と真言の紹介 真言宗とは
役行者とは 修験道とは お寺の御参りの仕方
役行者霊蹟札所




[その1] 山門(寺の門)の手前にて一礼します
お寺の門をくぐる前に礼をしましょう。
帽子を被っている場合は脱帽してするといいでしょう。
また、片手合唱でもいいので合唱もするとよいでしょう。
[その2] 水屋にて手と口を清めましょう
まず右手に柄杓をもち水を汲み左手を清めます。
次に左手に柄杓を持ち替え同じように右手を清めます。
もう一度柄杓を右手に持ち替え左手に水を注ぎいれ、
左手に受けた水で口をすすぎます。
この時に柄杓に口を付ける事をしてはいけません。
次に柄杓は右手に持ったまま水を汲み再度左手を清めます。
最後にもう一度水を汲み柄杓を縦にし、
自分が手にしていた柄の部分に水を流し、元の位置に戻します。
柄杓は伏せて置きます。

※お寺によっては水屋の無い場所もあります。
その場合は本堂まで進み礼拝して下さい。
[その3] 本堂まで進み、礼拝します
本堂の前に蝋燭立てや香炉がある場合は蝋燭と線香をお供えします。
お供えする線香の数は通常1〜3本でお供えするのが一般的です。
鐘がある場合は鳴らしてお賽銭を静かに入れてください。
お寺では手を叩きません。合掌してください。
[その4] 希望する方は納経所でご朱印を貰う
お参りを終えたら、納経所にてご朱印を貰います。
ご朱印帳の他に白衣に押してもらう方法もあります。
[その5] 山門を出たら、振り返って一礼します
入る時と同じように一礼して、気持ちよく帰りましょう。。