善福寺の歴史 ご本尊と真言の紹介 真言宗とは
役行者とは 修験道とは お寺の御参りの仕方
役行者霊蹟札所




真言宗(しんごんしゅう)は、空海(弘法大師)によって開かれた、日本の仏教の宗派で、
空海が中国の長安に渡り、青龍寺で恵果から学んだ密教を基盤としています。
真言陀羅尼宗(しんごんだらにしゅう)、曼荼羅宗(まんだらしゅう)、秘密宗(ひみつしゅう)とも呼ばれています。
最澄にが天台宗に伝えた密教を「台密」と称するのに対し、真言密教は「東密」と呼ばれています。

大日如来を本尊として崇拝しています。
真言宗は真言密教とも言い密教の修行とは、
身体の修行である身密、言葉の修行である口密、心の修行である意密、
それら3つ合わせて身口意の三密修行と呼ばれています。
これは日常の人間の言葉を廃して大日如来の言葉、
真言を直接聞き、身(体)、口(言葉)、意(心)の総てにおいて大日如来と一体化することで、
現世における成仏(即身成仏)が可能となると説いています。
即身成仏とは、密教の修行の実践により、誰でもただちに仏になることができるという教えです。
そして真言を聞くことが出来るかどうかは、その人の心のあり方によってちがうとし、
空海は人の心のあり方を10段階の住心(十住心論)にわけました。

真言宗は日本の仏教宗派の中では、分派の多いもの1つとされています。
大きく古儀真言宗と新儀真言宗の二つに別れており、さらにそこから多種多様な教義が展開して現在に至ります。

古儀真言宗とは、高野山を中心に伝わった大日如来の本地身説をとる真言宗の諸派で、
現実世界の一事一物が法身(真理そのものを仏の身体とみなす)の大日如来の説法であると説いていて古儀派といわれています。

新義真言宗とは、覚鑁(かくばん)を宗祖とする大日如来の加持身説法の新義を唱えた真言宗の一派。
本地身説法を説く高野山の教学(古義)に対し、
加持身説法などの新義を唱えた諸派の総称で新義派といわれています。

高野山真言宗は古儀派であり、寺院は和歌山県にある金剛峰寺です。