善福寺の歴史 ご本尊と真言の紹介 真言宗とは
役行者とは 修験道とは お寺の御参りの仕方
役行者霊蹟札所





修験道について

修験道(しゅげんどう)とは、森羅万象に命や神霊が宿るとする、
古神道の一つである神奈備(かむなび)や磐座(いわくら)という山岳信仰と仏教が習合し、
さらには道教、陰陽道などの要素も加味されて確立した日本独特の混淆宗教(こんこう)です。
山へ籠もって厳しい修行を行う事により、様々な「験」(しるし)を得る事を目的としています。
修験道の実践者を修験者(修行して迷妾を払い験得を得る)または山伏(山に伏して修行する姿)といいます。
日本各地の霊山を修行の場とし、深山幽谷に分け入り厳しい修行を行うことによって
超自然的な能力「験力」を得て、衆生の救済を目指す実践的な宗教でもあります。
密教との結びつきが強かったことから、独立した宗教ではなく仏教の一派ともされています。
修験道の法流は、大きく分けて真言宗系の当山派と、天台宗系の本山派に分類されています。